●統合医療生殖学会 副会長のブログ「子宮頸がんワクチン接種 無料で機会逃した人に」をアップしました。

(山陽新聞2021年11月16日の記事より引用)
子宮頸がんの原因となるウイルスの感染を防ぐHPVワクチンについて、厚生労働省は15日、積極的な勧奨が中止された間に機会を逃した女性が無料接種できるようにする方針を固めた。
来年4月からの実施を検討し、対象者などを今後詰める。

続きはコチラ>>

2021年11月20日